ピエゾディスペンサー

Dot Shot

こんな事でお悩み方は。

■インクジェットでは小さすぎる。                            ■エアー式ディスペンサーでは不安定。                         ■ジェットディスペンサーでは費用がかかりずぎる。

これら問題を解決します。

微細吐出ディスペンサー DotShot

独自の液室構造により完全分解可能なヘッド構造。                     ◆シンプル構造で部品点数が少なく完全分解洗浄が可能                  ◆独自の液室構造により低粘度材料から高粘度材料まで対応可能              ◆専用コントローラがなくても。自動機組み込みが可能です。



専用コントローラ

専用コントローラーを使用すれば、微細吐出ディスペンサーDotShotを簡単に使えます。

アプリケーション事例

高推力ピエゾアクチュエータによるクリーム半田塗布。

ピエゾディスペンサー専用セラミックノズル内径0.15mmを使用し打点径0.20mmの連続点塗布。

二ホンハンダクリーム半田 207シリーズの連続吐出画像。粘度190Pas比重5.1の高粘度半田を内径0.178mmノズルで連続吐出ピエゾアクチュエータの高推力吐出とアシストエアー加圧タイミングの組み合わせにより独自液室内へのクリーム半田供給が可能となり長時間運転においても定量吐出が可能になりました。

Dot Shotに使用しているセラミックノズルは流体工学に基づいて設計されたノズルです。且つ、ノズル内面は成膜処理をおこない流動性を高めています。その為、Type4のクリーム半田を内径0.15mmノズルで目詰まり無く吐出できます。

Type4の低融点半田を内径0.15mmノズルで吐出。使用しているノズルはセラミックノズルに内面をコーティングして流動性を高めているため目詰まりしません。